遺骨箱を持っている人

値段を把握する

お寺

位牌の種類と値段の相場

故人を偲ぶための仏具である位牌。位牌には故人の魂が宿ると言われており、きちんとした位牌を選びたいと思われる方は多いでしょう。しかし、核家族化により日常の生活の中で仏具に触れる機会が減ったため、いざ購入しようとした時どれを選べばいいのか判断に迷う方も多いでしょう。そこで位牌の種類と値段の相場をおおまかに見ていきましょう。 位牌の種類には、塗、唐木、現代風のモダン、回出などがあります。それぞれに特徴があり、また値段も違ってきます。 まず塗は最もポピュラーな位牌で、黒字に金の装飾が施されています。使用されている漆によって値段が違い、合成漆は1万円前後、本漆は4万円以上になります。 唐木は黒檀や紫檀を用いた耐久性に優れた位牌で、相場は2〜5万円ほどです。 モダンは、現代的なデザインをしていることが特徴で、3万円ほどが相場になっています。 回出は、複数の位牌を一つにまとめることができ、最低でも2万円ほどの値段です。

購入する時は何に気をつけるべきか

購入する際には、いくつかの注意点があります。その注意点を見ていきましょう。 まず安すぎる物には注意が必要です。耐久性が悪かったり、曲がっていたり、漆の塗りにムラがあったりしますので注意が必要です。 故人の戒名を手書きや手彫りで書いてもらう場合、職人の腕によって出来上がりに差が生まれます。現在では機械式の手書きが一般的ですので、不安であれば機械式で戒名を書いてもらう必要があるでしょう。 仏具店を選択する目も必要となります。ただ仏具を売るだけのお店は避けたほうがいいでしょう。親身に相談にのってくれ、こちらのことを逆に質問するぐらいの仏具店を選べば納得した仏具を得ることができます。 位牌を買い換える場合にも注意が必要です。その場合魂を移し替えなければなりません。魂抜きや魂入れを僧侶に依頼することを忘れないようにしましょう。 位牌を購入する時には以上の注意点に気をつけながら購入しましょう。