遺骨箱を持っている人
お寺

値段を把握する

位牌を故人の魂が宿ると言われているモノです。この位牌には種類があり、その種類によって値段に違いがあります。そのため、出費する費用を大きくしたくない人は、安価な位牌を選ぶ必要があります。

Read More..

棺を運ぶ

代行をいう手段

現在お墓参りをしっかりと行なうことができない家庭があります。そのような家庭が利用する業者がお墓参り代行です。このお墓参り代行を利用することで管理ができないお墓を変わりに管理してもらうことができます。

Read More..

白い花

葬儀の変化

火葬は葬儀を行なった後にする行為です。その葬儀は現在様々な方法で行われるようになり。昔のしきたり方法を必ず行なうということはなくなってきています。そのため、柔軟な考えで葬儀を行なうことができます。

Read More..

教会

短縮できる葬儀

直葬の仕方はどうすればいいの

一般の通夜や葬儀を省略し、火葬場に直行し火葬をし、骨上げをして終わるのを直葬といいます。遺体を火葬する場合、死後二十四時間以上経過しなければ荼毘にふすことはできません。 葬儀を省くといっても、遺体を火葬場へ搬送するという作業が必要になります。また死後二十四時間どこへ遺体を安置するかという、問題も出てきます。現在は火葬場に遺体安置所を設置しているところも多くあります。 遺体の搬送は遺族の手によって搬送しても、葬祭業者に依頼しても構いません。今はどの葬儀社も直葬のプランを用意しています。 どこかの寺の檀家になっていて、その寺のお墓に遺骨を埋葬するということであれば、火葬する前に僧侶に読経してもらうという方法もあります。檀家関係がないというのであれば僧侶に読経を、お願いするかどうかは残された遺族の間での話し合いになります。

シンプルでも真心を込めて送り出す

骨上げの後、遺族や故人とかなり親しかった人たちが集まり、火葬場なり別の会場なりでお別れの会を行うというのも一つの方法です。 一般の葬儀だと遺族は多忙になり、かえって故人をゆっくり見送ることができなかったりします。直葬だと葬儀にかかる手間が大幅に削減されるので、その分余裕をもって故人を送り出すことができます。故人の思い出を語り合いながら本当に親しかった者だけが、互いに話をし飲食をすることで故人も安心してあの世へ旅立っていくことに違いありません。 直葬が多くなってきた背景には経済的な面も多く含まれるとは思いますが、一般的な葬儀では時間に追われ、式次第に従って儀式をこなしていかなければならない、という感じになり余裕をもって故人を送り出すことができないという理由もあると思います。

業者を選ぶ

棺を眺める男性

生前整理を依頼する業者を探す時には、遺品整理を行なうことができる業者のサービス内容から探す方が早いです。生前整理だけを行なっている業者が少なく、遺品整理を行なっている業者のサービスとして実施していることが多いためです。

Read More..

注目の記事

オススメリンク

  • 遺品整理やゴミ屋敷の片付けから特殊清掃まで│リサイクルジャパン

    遺品整理なら名古屋にある御者がオススメですよ。嬉しいサービス・サポートを提供してくれるので、とても人気があります。